「スマホ読み」の時代

man drinking coffee ans using smart phone

「コミックを読む人」の姿は年々、変わってきています。たとえば戦後間もないころ、「貸本屋」が流行っていたころには、粗悪な紙に印刷されたコミックを借りて家に持ち帰って読むというのが一般的でした。その後、日本のコミック文化が急激に発達し(ほかの国々を大きく引き離して)、大作家たちが続々と現れてオトナも読む時代になると、週刊雑誌が生まれ、単行本化も積極的に進み、書店には堂々たるコミックコーナーが出来たり、コミックの評論家が登場して小難しい評論本が世に出たりと、大きく様変わりしました。「コミックを読む人の姿」はあらゆるところで見られるようになりました。コンビニで立ち読みをしたり電車の中でビジネススーツ姿のオジサンが少年コミック誌をまじめくさった顔で読んでいたり……そして家では、寝転がってコミック本を読む人の姿も見られますし、パソコン上で読む人もいます。同人誌という文化が一般的になるとさらにコミックを読む人の数は増え、たとえば「普通のコミックは読まないけどオナニーはエッチ系の同人誌でヤリます」という人も増えています。

そして今、さらに時代は進み、パソコンの前でお行儀よくエッチ系の同人誌を読む、という人の姿ももはや過去のものになりつつあります。
同人誌を読ませてくれる同人誌サイトの中にはスマホ対応をしているところが増え、パソコンの前で座って読むだけでなく、たとえばトイレにこもってこっそりオナニーしたり、ソファにだらしなく寝転がりつつオナニーをしたりと、かなり自由度が上がっているのです。